法人契約にもふさわしい高級賃貸マンション

法人の節税対策にもなる高級賃貸

企業が社員の福利厚生の一環として社宅を確保するケースがありますが、その中でも管理職や役員クラスの人材に社宅を確保するときには、高級賃貸マンションを選ぶ必要もあります。
また実際に物件を選ぶときにはそれぞれの企業の規定に従った賃料水準の物件を選ぶ必要もありますが、その一方で快適に暮らせるような高級感のある物件を選ぶこともポイントになります。
更に法人契約可能な物件を選ぶことで、企業でも借り上げやすいと言うメリットもあるのです。
そのために実際に高級賃貸マンションの物件探しでは、法人契約が可能であったり法人契約を歓迎しているマンションを選ぶべきです。

役員向け高級賃貸という選択肢

その中でも若手管理職の単身赴任用の物件であれば、1LDKで面積の広いグレードの高さが魅力的なマンションを選ぶ方法もあります。
リビングルームが広いことでシングル向け物件であってもゆとりを感じることが出来るので、ポストや能力に合わせて社宅を提供したいと考えている企業に最適です。
もちろんそのようなハイグレードな物件であってもエリアを厳選することで15万円以内の賃料で借りることが出来るので、手ごろな社宅を求めている場合でも利用しやすいのです。

ご家族での利用も想定されています

また家族での転勤の場合には、2LDK以上のファミリータイプの物件を法人契約で借りることも出来ます。
その中には子供がいる世帯でも十分に暮らせる物件もあり、家族向けでも20万円以内の賃料で高級感のあるマンションを借りることが出来ます。
また外資系企業の場合には、高級賃貸マンションの中でも特に外国人向けとして紹介されている物件から選ぶことも出来ます。
そのような物件はキッチンやバスルームなども外国人向けの仕様になっているのが最大の特徴です。