高級賃貸マンションと一般賃貸マンションの違いは?

需要が伸びる高級賃貸マンション

アベノミクス効果によって日本経済もデノミ不況から息を吹き返しつつありますが、それに伴って高級賃貸マンションの需要も伸びています。
一般の賃貸マンションと高級賃貸マンションの違いというのは、部屋の広さや豪華さとは別に、高級賃貸ならではの特別なサービスが付帯しているのです。

コンシェルジュの常駐とセキュリティが最大の違い

マンションの入り口には受付があって、様々なサービスが提供されます。
例えばコンシェルジュの常駐です。
コンシェルジュというのはホテルの案内人のような役目を果たすのですが、入居者の日常生活に関して色々なサポートをしてくれます。
来訪者があれば案内してくれますし、宅配便や郵便物なども留守の場合には保管しておいてくれます。
またタクシーを利用したい時などは呼んでくれますし、電車やバスの利用時刻を知りたい時なども調べて教えてくれたりします。

コンシェルジュは執事として生活をサポートしてくれます

またショッピングなどで欲しいものがある場合、一番近いお店の場所を調べてくれたりもするのです。
また衣服をクリーニングに出したい場合、営業時間内にお店に行くことができない人には、コンシェルジュがクリーニング店との取り次ぎをしてくれるのです。
このようなコンシェルジュの常駐は、高級賃貸ならではのことです。

生活に根ざした利便性の向上が期待できます

また高級賃貸には、受付にクロークサービスがあるところもあります。
マンションの上階に住んでいる場合、雨が急に降り出した時などにわざわざ上階まで傘を取りに行くのは面倒です。
そのような時にクロークで傘を借りることができるのです。
このようなサービスは一般の賃貸マンションでは望むべくもありません。
そして高級賃貸マンションの最大のメリットは、セキュリティが万全なことです。
コンシェルジュの常駐自体がセキュリティの役割を果たしているのですが、それ以外にも防犯カメラなども設置されています。